盖槁賊 憤焚次嵒賊 廚箸いΑ砲蓮病院の理念に基づき、患者の皆様および病院職員に安全で快適な医療環境を提供することを目的に、全病院職員が医療関連感染防止対策を周知し、取り組むため、病院感染対策指針を以下のとおり定める。

1.感染対策に関する基本的な考え方

標準予防策を基盤とし、医療関連感染の防止対策を行う。標準予防策とはすべての患者の血液、体液・排泄物は感染の可能性のあるものとして取り扱うことであり、患者を交差感染から守ると共に、医療従事者の職業感染を防ぐことを目的とする。


2.事故報告等の医療に関わる安全の確保を目的とした改善のための方策に関する基本方針

当院の感染対策に関する院内全体の問題点を把握し改善策を講じるなど、医療関連感染対策活動の中枢的な役割を担うために、病院感染対策委員会を設置する。
病院感染対策委員会

  1. 各部署代表者で構成する。
  2. 毎月1回開催する。また、必要な場合、委員長は臨時病院感染対策委員会を開催することが出来る。
    病院感染対策委員会の活動は「病院感染対策委員会規程」に定める。
  3. 感染予防及び感染防止策を充実させるための体制の強化を図り、その実践的活動を組織的に行うため、病院感染対策委員会内にICT(感染対策チーム)を構成する。
    感染対策チームの活動については「感染対策チーム委員会規程」に定める。

3.医療関連感染対策のための従業員に関する研修に関する基本方針

医療従事者一人一人の感染症対策の実践レベルが高くなければ、医療関連感染対策を徹底することは出来ない。 患者及び医療従事者の感染リスクを最小限にする為、医療関連感染管理の基本的考え方及び、具体的方策について、職員に対し以下のとおり教育・研修を行う。

  1. 全職員を対象とした研修会・講習会を年2回以上開催する。
  2. 院外の感染対策を目的とした各種学会、研修会、講習会の開催情報を広く告知し、参加希望者の参加を支援する

4.感染症の発生状況の報告に関する基本方針

職員は自己に医療関連感染の疑いがある時、および疑いのある患者を認知した時は委員会を通じて委員長に報告しなければならない。
臨床検査室は、医療関連感染に関する情報を別紙報告書により、病院感染対策委員会に提出する。


5.医療関連感染発生時の対応に関する基本方針

疫学的、臨床的問題となる感染症患者が発生したら緊急に委員会を開催し、現状を把握した上で医療関連感染を波及させないように素早く対策を立てる。


6.患者への情報提供と説明

  1. 本指針は、患者または家族が閲覧できるものとする。
  2. 疾病の説明と共に、感染防止の意義および基本的手技(手洗い、マスクの着用方法等)についても説明し、理解を得た上で協力を得る。

7.病院における医療関連感染対策の推進

病院職員は自らが感染源とならないため、定期健康診断を年1回以上受診し、健康管理に留意する。
医療関連感染防止のため、病院職員は「感染対策マニュアル」(以下「マニュアル」という)を遵守する。マニュアルは、必要に応じて修正し、改訂結果は病院職員への周知徹底を図る。


8.その他の当院における医療関連感染対策の推進のために必要な基本方針

ICD(感染制御医師)を中心にICT(感染対策チーム)を結成し、感染防止に関する企画・立案を行い、病院感染対策委員会に助言・提言する。
医療関連感染を防止し、患者様の安全と職員の健康・安全を守り、チーム医療としての組織的運営を図り、経済性も考える。
医療関連感染、そして職場環境の実態把握をするための調査および院内巡視、点検、感染及び伝播の防止や職員の安全と健康の確保を目的に、対策がマニュアルに沿っているか否か管理する。


9.患者等に対する当該指針の閲覧に関する基本方針

本指針は、病院ホームページにおいて患者、患者家族などに一般に公開する。


附則

  1. この指針は平成20年10月1日から施行する。
  2. この指針の改廃は、病院感染対策委員会の承認を得るものとする。

改訂

  1. 平成27年11月30日改訂・施行する。